SAZA COFFEE

しあわせは香りから。サザコーヒー。
map map_pin

Very Very Very .
しあわせは香りから。


サザコーヒーは、コーヒーの「甘さと香り」に注目しています。
また、コーヒーのは必ず産地まで足を運び植物に触れてコーヒーを選びます。

サザコーヒーは、コロンビアでコーヒー農園を経営(栽培・運営)することで、コーヒー産地の生産者と「コーヒー」について語りあいます。


そこで、出会う発見やおどろきに「 Very Very Very 」という言葉を使います。

Very is something that's more than normal.
Very Very is something bigger, something that's more than the normal that you know.
Very Very Very is something Very Easy to Find that special Discovery in that very moment.


異次元のコーヒーに出会い「 Very Very Very 」たい。

  SUZUKI Taroh .

サザコーヒーはコロンビアコーヒー生産者連合会のメンバーです。
コロンビアのコーヒー文化も大好きです。 1997年には、カウカで「サザコーヒー農園」(5ha)を手に入れ、
2008年にはコーヒーの品種や味を調査しはじめました。
2011年には「トレスエドガリート農園」(21ヘクタール)も購入しました。

Saza Coffee is Member of Colombian Coffee Growers Federation .
Also We Love Colombian Coffee and the Coffee Culture .
When 1997 we get the first coffee farm " Finca Saza Coffee " ( 5 ha ) in Cauca Colombia . in 2008 started investigation coffee quality and flavour in coffee variety . in 2011 we bought the second Coffee Farm " Los Tres Edgarito " ( 21 ha : also Cauca Colombia ) . Our Coffees send to Coffee Quality Competition in Colombia Now .
コーヒー選びは必ず自分で

コーヒーは「品種」できまる。
Taste of Coffee from Coffee Variety

コーヒーは「収量」「味」「育てやすさ」など品種の特性があり、それぞれの生産者の思惑によって植えている品種が違う。
サザコーヒーはコーヒー品種による味の違いに注目しコーヒー農園経営を1990年代からはじめた。
コーヒーの産地に行くと木の形が違い、いろいろな想像を掻き立てられるが、実際に飲んでみるまでわからない。
コーヒーは「品種」できまる。
Taste of Coffee from Coffee Variety

コーヒーは「収量」「味」「育てやすさ」など品種の特性があり、それぞれの生産者の思惑によって植えている品種が違う。
サザコーヒーはコーヒー品種による味の違いに注目しコーヒー農園経営を1990年代からはじめた。
コーヒーの産地に行くと木の形が違い、いろいろな想像を掻き立てられるが、実際に飲んでみるまでわからない。
サザコーヒー農園 SAZA COFFEE FARM

2017年8月コロンビア国内のコーヒー品評会でサザコーヒー農園が優勝した。南米コロンビアのカウカで夢がひとつ叶った。

サザ農園優勝 ?

2017年コロンビア共和国カウカ県のコーヒー生産者連合会(FNC * )主催品評会 El Mejor Cafe del Cauca でサザコーヒーの Los Tres Edgarito 農園が、みごと優勝した。また、Saza Coffee 農園は、11位だった。サザコーヒーの鈴木誉志男は、90年代からコーヒー農地取得と理想のコーヒー豆生産の夢がコロンビアで叶った事になる。さて、コロンビアのサザコーヒー農園はいったいどのようなのか?サザの社員もよく知らないので説明する。

サザ農園開園の快挙

1997年コロンビア共和国カウカ県にコーヒー農園の土地取得。私(鈴木太郎)が おどろいた事は、普通の日本人の感覚では、農園の管理やら、生産とか、雇用とか現地の労働者との会話などあるが、夢と勢いで鈴木誉志男はそれを友人ネットワークでなし遂げてしまったこと。英語もコロンビア公用スペイン語の能力もなく当時のコロンビア三菱に駐在員をされてた水谷隆司氏や、コロンビアのコーヒー生産者連合の品質管理部長エドガーモレノ博士の人脈や知識の恩恵があって実現した。

まず、コロンビアの中でもコーヒーの産地により出来上がるコーヒーの味が違うので、エドガーモレノ博士のおすすめは、強いコク、甘さと香りが特徴のカウカ県ポパヤン地区だった。その後、標高1850mのポパヤン地区テインビオ村に5ヘクタールの良好な農地を取得し「サザ農園」と命名した。

息子太郎コロンビアへ

2000年、鈴木誉志男は息子の太郎をコロンビア FNC*のコーヒー 品質管理部 へ半年間の品質管理講習のために送り込んだ。

さて、2000年当時のコロンビアは、コロンビア革命軍( FARC )というゲリラと政府軍の内戦があり治安が特に悪く、サザ農園のカウカ・ポパヤン地区は、ゲリラの活動拠点だった。太郎は収穫期にサザ農園初訪問した。コーヒーは換金作物でゲリラに収穫されたと管理人に言い切られた。
サザ農園は、予想以上に狭く 環境と人、信頼の人間関係に不安を覚えた。その後、太郎が2008年管理人を交代するまでサザ農園のコーヒー豆は届かなかった。

2つ目の農園

2008年までに、おいしいブルボンという品種の親戚のカトゥーラという品種に植え替え、はじめて収穫した「サザ農園」はとてもおいしかった。しかしコーヒーの木が若いために収量が少なくコーヒー品評会に出したかったが量が足らずに断念した。その頃 サザ農園にエドガー・モレノ博士が関わるようになり、コーヒーの 品質が向上した。これからというタイミングで 中南米全体のコーヒーの飢饉(コーヒーサビ病)がサザ農園を襲い コーヒーの木は 全滅した。

広い農地を求め近隣に21ヘクタールの「トレス・エドガリート農園」をエドガー・モレノ博士と共同で2011年に開園した。「サザ農園」と「トレスエドガリート農園」でおいしく 新しい品種や、環境対応の設備など「量」と「質」の両方に取り組んでいる。* Fedelacion Nacional Cafetero de Colombia
 ( コロンビア国コーヒー生産者連合 )
モレノ博士と鈴木親子
トレスエドガリート農園の精製所で
サザコーヒー本店「仮面の部屋」( African Masks )
歳をとらない部屋( Anti Ageing Room in Saza Coffee )

サザコーヒー本店には仮面(アフリカン・マスク)の部屋があり、アフリカなどの産地にコーヒーの買い付けの度にマスクは増えて行き壁の隙間が見えないところまでびっしり、鈴木誉志男のパプアニューギニアの仮面と、鈴木太郎のアフリカの仮面のコレクションが飾られている。はじまりは、1989年パプアニューギニアの旅で買い付けた2m超えの仮面と立像。

鈴木誉志男の話では、日本の冬は命の危険があるほど寒く冬を越す事で歳を数える習慣があり、日本の文化は年齢に対して厳しく正確な感覚を持つが、パプアニューギニアの気候は日本のようにわかりやすい四季がなく1年中暖かいために、80年代パプアニューギニアでは大の大人に年齢を聞いても全く正確な年齢と思えない答えが返ってくることが多く「年齢」の概念すら違い「何回クリスマスを経験しましたか?」というのが「あなたは何歳ですか?」に相当するらしい。

老化と死

過ごした時間と「老化」は密接な関わりがあり過ごした時間の先に「死」がある。それは「病」や「怪我」、「事故」などからもくる。これをひとまとめに「悪霊の災い」と考え仮面は悪霊除けの儀式などに使われる。

サザコーヒーの仮面の部屋は、お客様を「老化」から守ってくれます。