株式会社 サザ コーヒー


サザコーヒーのコーヒー

サザ コーヒーの最大の特徴は、コーヒー生豆。


産地でコーヒー 品質評価 コロンビア式コーヒー鑑定法 コーヒー鑑定 Ethiopia SCAA式コーヒー 品評会



我々サザコーヒーがコーヒー豆を購入する場所は産地の輸出業者です。
旧知の担当者に好みのタイプの原料コーヒー豆をたくさん集めてもらいその中から味で選びます。
おいしさの基準は、『甘さとコク』、『香りと濃さ』、そして『綺麗な後味』
産地の特性にあわせた理想の味を追い求めて次回の買い付けにフィードバックさせています。

las muestras tastador de muestra del cafe

緑色の原料コーヒーサンプルは生豆で飲めるように焙煎されます。 そこで、現場で熱を加え茶色くします。(これはほとんど皆さんが買うコーヒー豆と同じ状態です。) 私が買おうと思っているコーヒー豆を並べて片っ端から味を比べておいしいものを選んで行きます。 コーヒー豆の品質は自分自身でリスクを負って産地直接買付しています。

Competition The Best of Panama with Dr Moreno Competition The best of Panama with Taroh

サザコーヒーは鈴木誉志男、鈴木太郎と、80年代から現在まで産地に足を運び続け、おいしいコーヒーの安定供給を求め続けております。 原料のコーヒー豆は、農作物なので品質は不安定ですが、安定的な良質の原料供給に力を入れています。 原料のコーヒー豆の「品質の良し悪し」は、 『適地的作』 『優良品種』 『作り手』 の3つの要素が大きく影響いたします。 同じ情熱をもって、同じ人が育てた、同じ農園の同じ斜面のコーヒーを続けて求めております。

『適地的作』同じ条件でも全く違う「女神が微笑む場所」がある。
『優良品種』全てにおいておいしさで、品種に敵うものは無い。
『作り手』贅沢とは価格の話ではなく、手間である。