株式会社 サザ コーヒー


サザコーヒーのコーヒーの適地的作について

コーヒーの苗

コーヒーという植物について

私の経験上コーヒーは熱帯性の植物で0度以下で確実に枯れます。 昼夜の寒暖の差があり比較的寒い方が味や香りが強くゆっくり育ったものは味や香りが濃くなると言われています。 実際に、個々のコーヒーはおいしいという場所へ泊まりがけで行くと夜は特に寒く半袖は考えられない。 植物は開花直後に、果実の肥大時期にも水分を多量に必要としますが、3ヶ月以上の乾期によって開花の促進がされます。 そのために、雨期と乾期がはっきりしており、昼夜の寒暖の温度差があり霜や雪の振らない寒い所が味に有利とされていますが、 収量ベースで考えると花芽の促進も多くなるので寒すぎない方が良いと思います。

自然の中のコーヒーの木たち

エチオピアのコーヒーの木 エチオピアのハラーのコーヒーの木 コーヒーの環境 コーヒーの木

もともとエチオピアの森の中の植物としてコーヒーが生えていた訳で、コーヒーは

コロンビアのコーヒーの木 コロンビアのコーヒーの木 コーヒーの木は元々日陰に生えるタイプの木で日陰の木の下でコーヒーを植えると良いと言われているが、 総日光量が少ない場合(山の中の畑など)花が全く付かない状態になり驚きの結果に終わる事も多い。
それでも、品種ティピカなど直射日光を嫌う品種は日陰の方が味も含めていい場合が多い。


パナマのゲイシャ グアテマラのブルボン ゲイシャなどの甘さと香りに特徴がある品種の植栽の場合、標高の影響はてきめんで収穫量が少なくなるのは解っていても標高が高い所に植えた方が明らかな味や香りの量の差が出る。
また、標高が高い所で収穫されたものは、果実の飼育速度が遅いために代謝物の量が低地で育ったものより多く、同じ種でも密度が濃く重いものに仕上がり、含まれる味もより複雑な味になる。



おすすめ サザ コーヒーの豆

(豆・粉)御用意しております。

↓ ↓ オンラインショップへ ↓ ↓

サザ・ブレンド

おすすめ!甘さ、香り、濃さ、のブレンド。このための契約農園の豆をふんだんに使っています。グアテマラ、コロンビア、ブラジル、エチオピア、良好な土地においしい在来品種、伝統精製、天日乾燥、しあわせは香りから。 ¥1200 / 200g

徳川将軍珈琲

幕末、江戸時代のフランス風焙煎のコーヒー。大政奉還前の徳川慶喜公が欧米公使を招き外交上で愛飲したコーヒーを再現したコーヒー豆。 インドネシア(スマトラ)、エチオピアを使用した独自のフレンチローストの逸品。 ¥1500 / 200g

サザ贅沢ブレンド

おすすめ!甘さ、香り、濃さ、のブレンド。このための契約農園の豆をふんだんに使っています。グアテマラ、コロンビア、ブラジル、エチオピア、良好な土地においしい在来品種、伝統精製、天日乾燥、しあわせは香りから。 ¥1500 / 200g

サザ グアテマラ

濃厚な味★現在続いている契約農園の中でいちばん古く100年越えの農園。 グアテマラアンティグア地区のサンミゲエルドーニャ地区。品種ブルボン、濃厚でチョコレートのような甘さ味のバランスがよい。 在来品種、伝統精製、天日乾燥、¥1200 / 200g

サザ グロリアス

濃厚な甘さ ★ コロンビアウイラの比重の重い豆を水路を使って集めています。サビ病でほぼ絶滅的な品種カツーラ、甘く濃厚でチョコレート的な酸を感じる。 在来品種、伝統精製、天日乾燥、¥1200 / 200g

サザ ブラジル

強いボディ感と濃厚な味 ★ ブラジルのコク濃厚な味を求めて後味に残るチョコレートのような甘さと風味さめても長い時間しっかりとした味が残る。 丁寧な果実丸干し乾燥、天日乾燥。¥1200 / 200g

パナマ・ゲイシャ


パナマ・ゲイシャ


グアテマラ・ゲイシャ


サザ 頒布会企画
・入荷日
 2.500円/ 200g
・頒布会(予約焙煎)
  3.000円/ 400g

コロンビア・ゲイシャ


サザ農園ゲイシャ:限定20個 1.800円/100g
サザ農園ゲイシャ初収穫
SAZA COFFEE BEANS
サザコーヒー豆一覧