SAZA COFFEE

世界級のバリスタです 大学でコーヒーを学ぼう

農業と科学と文化創造。
大学とのきずなを大切にする
サザコーヒーです。

研究学園都市つくば市に2店舗、茨城大学の水戸キャンパスの図書館本館 に1店舗。また、茨城の芸術の発信地・水戸芸術館のラウンジにもお店を構えます。大学や芸術館と連携して、物語性に満ちたコーヒーを共同開発したり、店舗を利用したコーヒーセミナーを定期的に開催。また、東京大学の研究員や医師の先生を招いた懇親会なども実施しています。

大学との良好な関係、3つのきずな。

きずな1
茨城大学
茨城大学ライブラリーカフェ店で、バリスタセミナー。
コーヒーセミナーやイベントで、コーヒーファンの興味関心に草の根でお答えし続けているサザコーヒー。学問とキャンパスの自由な空気が香る大学内カフェで、ジャパンバリスタチャンピオンシップ ファイナリスト・バリスタのセミナーなども開催。予選からセミファイナル、ファイナルまで実際に提供したコーヒーを交えて、当社のバリスタチーム監督やバリスタと対話しながら、コーヒー談義に花を咲かせます。また、コーヒーを軸に食・健康・農業といった多彩なテーマを、東京大学医学研究員を招いて科学的に掘り下げるなど、セミナーの内容は非常に多彩です。
きずな2
筑波大学
筑波大学と共同開発。アリアンサ エステート コーヒー。
グローバル戦略を推進する筑波大は、ブラジルの病院や大学との研究・教育交流をスタート。筑波大学は、ブラジルに事務所を開設し、地元大学やサンタクルス病院への支援を推進。活動を広く知ってもらうために、同病院の理事長が経営するアリアンサ農園のコーヒー豆を使った、「筑波大学アリアンサ エステート コーヒー」をサザコーヒーと共同で開発しました。アーモンドやビターチョコレートの香りが特徴です。
きずな3
五浦コヒー
日本美術の大家 岡倉天心
ゆかりの地にちなみ「五浦コヒー」を開発。
2016年、茨城大学の依頼を受け「五浦(いづら)コヒー」を開発。北茨城市五浦は、日本近代美術の開拓者として著名な岡倉天心がアトリエをかまえた地。コーヒーに親しんでいた天心は、直筆の手紙に「コヒー」と記しています。商品名にはその表記を採用し、天心が飲んだであろう味を再現しました。商品開発に際しては、事実をしっかりと踏まえるため、茨城大との連携により文献を徹底調査。たとえば天心がボストン美術館に勤務した時代の現地でのコーヒー事情を調べ、当時ボストンで流行していた浅煎りのコーヒーを再現。商品パッケージには、天心が建てた六角堂を水墨画風に描き、サザコーヒーこだわりの取っ手のない器で提供しています。